生理痛の症状に悩む女性に低用量ピルが効果がある

心配している女性

生理痛に苦しむ女性は、現在も増え続けていると言われます。

生理痛を発症すると、耐えがたい痛みを感じ、吐き気や頭痛、下痢の症状を訴える人も少なくありません。
また、症状が悪化すると、鎮痛剤で症状を完全に抑えるも難しく、仕事なども正常に行えない場合も発生してしまう深刻な病気なのです。

多くの女性を悩ます生理痛ですが、生理痛が引き起こされる仕組みについて考えます。
生理中は、プロスタグランジンと呼ばれる物質が分泌されます。

プロスタグランジンの働きで、子宮を収縮させ、子宮内膜が体外に排出されます。
このプロスタグランジンには、痛みを強める作用や血管を収縮させる作用もあるため、強い痛みを発生させる原因にもなるのです。

このように、沢山の女性の悩みの種である生理痛ですが、低用量ピルによって痛みを軽減させることができます。

その作用は、低用量ピルにより、生理痛の原因にもなるプロスタグランジンの量を減らすことができるためです。
プロスタグランジンの量が減少することで、痛みも軽減され、出血の量も少なくなることも判明しているのです。

さらに、低用量ピルを服用すると、子宮内膜症の症状改善や予防にも効果が認められています。

また、卵巣がんと子宮体がんの発症を抑える働きもあり、女性特有の病気の予防にも高い効果を発揮してくれます。
そして、生理期間になると、ニキビの症状に悩む人も多く見られます。
ニキビの症状に対しても、低用量ピルは有効であり、ニキビを出来にくくするだけでなく、美肌へも導いてくれることが広く認められています。

低用量ピルの入手には、婦人科や産婦人科などで処方されているのもが一般的ですが、現在ではインターネット通販などでも入手することができるようになっています。