低用量ピルと中用量ピルの違い

薬と水を持っている女性

低用量ピルは、国内では現在もっとも普及しているタイプの経口避妊薬のことで、その成分としては、女性ホルモンである黄体ホルモン、卵胞ホルモンという2つのホルモンの代わりとなるような物質を、人工的に合成したものが含まれています。
低用量ピルの本来の効果効能は避妊ということになっていますが、服用することによって、女性ホルモンの濃度が体内でバランスよく一定に保たれるという副次的なはたらきも期待されるため、たとえば月経困難症や月経前症候群といった症状を改善するなどの目的をもって投与されることも、比較的多いということがいえます。
実は低用量ピルが普及する以前の時期には、我が国でも中用量ピルとよばれるものが一般的であり、現在でも強力な効き目が必要な場合に、ごくまれに使用されるケースがあります。
この中用量ピルと低用量ピルのなにが違うのかといえば、錠剤に含まれている卵胞ホルモンの量にあり、卵胞ホルモンが50マイクログラムよりも少ないものが低用量、50マイクログラムが中用量、それよりも多いものとして高用量といったものまであります。

卵胞ホルモンの量がなぜ問題になるかといえば、量が多すぎると副作用をもたらすおそれがあり、吐き気、嘔吐、頭痛、腹痛、胸がつぶれるような痛み、ふくらはぎのむくみなどといった症状が出やすいのです。
特に、吐き気などの症状は中用量ピルの代名詞のようにいわれていたため、この欠点を改善して、さらに女性にとって利用しやすい医薬品とするために、新たに卵胞ホルモンの量を抑えてつくられたのが、現在の低用量ピルということになります。
低用量ピルには、服用初日からの日数によって、錠剤のなかの2つのホルモンの量の配合比などを変えたタイプもあり、こうした製品ではさらに副作用は緩和されています。