ニキビ対策に低用量ピル、買い方と肌への負担軽減

肌荒れのうちで年齢問わずに多くの人が悩まされる症状として、ニキビがあります。
ニキビは皮脂や角質汚れにより毛穴が詰まることで、アクネ菌が増殖し、炎症を起こすのが原因です。
ニキビの改善や予防には洗顔で清潔を保つのが基本ですが、原因にはホルモンバランスの乱れもあり、単に洗顔をしただけでは改善や予防が難しく、再発しやすいのが対処の難しいところです。

女性が避妊用として使用する低用量ピルには、ニキビを緩和させる作用があります。
ホルモンバランスに作用しますので、ニキビの発生や悪化を防ぐ働きが期待できます。
低用量ピルの買い方ですが、医師の処方が必要な薬ですので、産婦人科などの医療機関で買うようにします。
買い方はいたって簡単で、診察を受けて、診察料や検査料などと一緒に窓口で薬代を支払うだけです。
最初は1ヶ月分くらいを処方され、回数を重ねると3ヶ月分などの低用量ピルを処方してもらえます。

別の買い方として、個人輸入で低用量ピルを手に入れる手段があります。
日本では医師の処方が必要な薬は、一般のドラッグストアでは取り扱えない法律がありますが、個人輸入に関しては例外的に認められています。
ただし、偽物が数多く出回っていますので、購入には慎重になりましょう。

ニキビ対策には無添加化粧品の利用も有効です。
添加物が肌の刺激になる可能性があることから、刺激の少ない無添加化粧品は人気があります。
特にメイクが欠かせない大人の女性は、化粧水やクリームなどを無添加に変えることで、肌への負担を少なくすることができます。

無添加化粧品の特徴としては、香料や着色料を含まない、合成界面活性剤やパラベン、アルコール不使用などの商品が多く見られます。