笑顔の女性
薬を持っている女性ときれいな女性
OK出している女性と笑顔の美人
きれいな女性

低用量ピルの副作用に血栓症があります。
血栓症とは、血管内でできた血液の塊が血管を塞ぎ、それによって血液の流れが少なくなったり、なくなってしまうことを言います。
そこから先の組織は壊死し、心筋梗塞や脳梗塞、炎症などが起こります。
血栓症は、低用量ピルを飲み始めてから1年以内に発生するリスクが高まるので、長期服用しているとリスクが高まるということではありません。
家族に血栓症にかかった人がいると、血栓症になる確率は高くなります。
本人が血栓症にかかったことがある場合や、今現在かかっているという場合は、低用量ピルを服用できないことがあります。

また、低用量ピルを服用している時にタバコを吸うと、血液の凝固が進み血栓症を起こしやすくなってしまいます。
動脈血栓症になる確率も高くなるため、服用中の喫煙はやめましょう。

BMIが30以上の人も、リスクが高くなるので低用量ピル以外の避妊方法を考えたほうが良いでしょう。
日本人が低用量ピルを服用した場合、血栓症になる頻度は10万人に3人から4人と欧米人に比べて非常に低く、服用をやめるとリスクの上昇は3ヶ月でなくなり、服用していない女性と同じリスクになります。

低用量ピルの服用で、卵巣がんや子宮体がんにかかるリスクも減ることがわかっており、上手に使えばとても便利で安全な薬なのです。
低用量ピルを服用したい時は、医師の診察を受け、問診にはしっかりと正確に答えるようにします。
特に、タバコを吸う人や体重が多い人、家族や自分が血栓症にかかったという人はよく相談をして、また服用中に血栓症の症状であるふくらはぎの痛みやむくみ、手足のしびれが見られた時は、すぐに受診するようにしましょう。

記事一覧
低用量ピルと中用量ピルの違い 2019年08月09日

低用量ピルは、国内では現在もっとも普及しているタイプの経口避妊薬のことで、その成分としては、女性ホルモンである黄体ホルモン、卵胞ホルモンという2つのホルモンの代わりとなるような物質を、人工的に合成したものが含まれています。低用量ピルの本来の効果効能は避妊ということになっていますが、服用することによっ...